メインイメージ

ビザ申請と更新

ビザ申請と更新について

世界各国にはたくさんの国があり、近年ではビザを所得しなくても海外旅行などへパスポートのみで旅行へいくことができますが、3ヶ月以上などの海外留学や仕事などの場合ではビザ申請をする必要があります。
ビザの種類は用途によっても申請する種類なども異なっていき、ビザ申請を行っても他の国に期限以上滞在する場合はビザの有効期限の前に新しいビザの更新が必要になります。
ビザ申請の場所として、これから滞在する国によって申請の場所が異なっていき、ビザの種類によってもビザ申請料金が変わっていきます。
学生ビザや特別ビザや結婚ビザ、非移民ビザなどと種類もたくさんあるので、今ではビザ申請を専門として扱う会社などで申請する方が多く、自分での申請には時間や期間や書類などと自分の様々な書類などが必要となります。
日本国籍を持たない外国人が日本に滞在する場合も同じで、ビザを更新する場合は在留期間更新許可書申請が必要になっていきます。
日本での滞在を希望している外国人本人の申請書になり、申請期間は在留期間の満了する日以前の6ヶ月以上の在留期間を有する者にあたっては、在留期間の満了する3ヶ月前から申請が可能になります。
外国人を雇用されている企業や日本国在住の外国人や、日本人と離婚した外国籍の方と結婚する場合の方などは、外国人が日本で生活する上で在留期間の更新という申請手続きは非常に大切です。
個人で行う場合は、外国人本人が入管窓口まで出頭して申請及び許可証印の受け取りをしなければならず、申請する時期によっては入管で長時間待たなければいけないと言う理由から、日本入国や在留手続きの専門事務所などに依頼する方法などもあります。
日本での在留期間を延ばす場合は、法務省でのビザ申請許可が必要になりますが、自分で行う場合は法務省のホームページでは、許可書のガイドラインなどが日本語の他にも様々な言語で説明されていますので、参考にすると良いでしょいう。
自分の生まれた国籍以外に留学して勉強したり、働いたりするのには簡単なことではなく、様々な異なった滞在するために必要な許可書としてのビザが必要になります。
他の国籍のちがった国での滞在中に、期限が切れてしまいそのままにしておくと、滞在している国では不法滞在とみなされ、強制送還などの処置を取らされてしまいますので3ヶ月以上の滞在の他、仕事などで海外へ行く場合などはビザ申請が必ず必要になります。

最近の投稿