メインイメージ

交流番号とは

ビザ申請における交流番号とは

J-1ビザと呼ばれる交流訪問者ビザは、米国の交流訪問者プログラムへ参加する者に与えられます。
米国国民と他国民と触れ合う中で、お互いの理解を深めて、国際交流に寄与する人物を輩出するということを目的につくられました。米国国務省教育文化局が監修しています。
交流訪問者プログラムは、米国国務省教育文化局が認めた大学や会社、団体などで行われています。
比較的ビザ申請が簡単で、取得しやすいものとされています。
滞在中に給与をもらうことが出来、その給与から社会保障費が2年間免除されます。
またその配偶者や家族がJ-2ビザ申請が認められ、なおかつ収量の許可を得ていれば、働くことが出来ます。
これはJ-1 びざの特権的要素です。
しかしこのビザ申請の厳格なルールは、米国教育文化局に指定されている交流者プログラムへの参加を証明するFromDS-2019を取得していること、支払いの準備があること、参加するに値する英語力があることといった3つです。
「FromDS-2019」とは、交流訪問者プログラムを運営している団体や学校、企業が審査を行い、このプログラムへの参加が適正な人物であるかを見極めた後で、資格があると証明する書類です。
これはビザ申請の際に発給が保証されるものではなく、ビザ申請を行う大使館や総領事館が個々に審査し決定します。
このFromDS-2019の発行に、交流番号も付いてきます。
項目2にあるexchange visitor program numberにPから始まる番号が記載されているはずです。
大使館や総領事館などで面接を申し込むときに、SEVIS番号と交流番号が求められますので、しっかり確認しておきましょう。
「支払いの準備があること」については、自国における所属団体が費用負担を行うならばその証明、自費での参加であれば銀行預金残高といった証明によって示すことが出来ます。
比較的穏やかな審査で取得できるビザとはいえ、この3点がカバー出来ていなければ、許可されないことも多く、このビザの趣旨をよく理解していくことも重要です。
このプログラムの参加によってJ-1ビザを取得した場合は、終了後に米国を出国する意図を約束しなければなりません。
またその後2年間は自国に住んでからでないと、資格変更、非移民ビザ申請、永住権の申請を行うことができません。
これはやはり「国際交流」という意味合いから見ても、交流訪問者プログラムへの参加で得たものを自国に持ち帰って活かすという目的を考えると、当然の処置と考えられます。

 

 

最近の投稿